女の心理を知ることでモテる男に変身しましょう。彼女を作りたいなら女の心理をしることは必須です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この人は特別と思わせるには
迎え3歩に見送り7歩という言葉があります。

お客様を迎えるときは3歩歩いて出迎え、

お客様が帰るときは7歩送りましょうってことです。


女性に対しても同じです。

迎えるとき、椅子から立ち上がって2、3歩近寄る。

送るときは7歩くらい一緒に歩いてさよならをする。

たったこれだけのことでも、「特別さ」をアピールできます。

「誠実さを行動にあらわす」

結構簡単でしょ^^
男がリードするということ
多くの女性はリードされることを望んでいます。

それはつまり男が上に立つことです。


でも、男が上に立つこと

これを勘違いしている人が結構多いです。


「男が上に立つこと」と「偉そうにふるまうこと」は一緒ではありません。


「偉そうにふるまう人」は大概嫌われます。


これだけは絶対に間違わないで下さいね。
口べたな男のためのテクニック
初めてのデートなど緊張して上手く話せないって人は

初めの挨拶さえも上手くいきません。

でも初めの挨拶なんて、必要ないんです。

例えば、待ち合わせのときに、初めにソフトクリームを両手に持って1本差し出してあげましょう。

簡単に気を利かせるだけで、その場は打ち解け会話に入りやすくなります。


口下手だからって心配する必要はありません。

男がペラペラしゃべるのは実は女は引きます。


女は「会話」を楽しみますが、

実は8割は自分が話していたいのです。


上手に聞くこと。

それが女の「会話」を楽しませる方法でもあるんです。
彼女におごってもらうことの必要性
女の人とレストランに行った時、支払いはどうしていますか?

男の心理としては、

自分が全部出さなきゃ小さい男だと思われるので・・・

って思うのが一般的です。


ここで女に払わせたらどうでしょう?

女の心理として、「お返しを求める」というものがあります。


でも女に払わせるのは抵抗ある・・・って方にもオススメの方法があります。


まずは安い店をチョイスしましょう。

そして、精算の前に、女性に自分の財布を渡し、こう言います。

「これで払っといて」

すると、女性は

「私が払っとくわ」

ってなるパターンが多いです。

精算の後にこういいます。

「ありがとう。次は僕が出すよ。○○(高価目の店がGood)に行こう」

こういえば、次に会う約束にもなります。

女は「お返し」してもらわなければならないので当然OKです。


もし、精算の前に自分の財布を受け取って支払いを済ませる女性は

おごってもらうことを期待していたはずです。

ですので、自分にとってマイナスイメージになることはありません。


女に財布を渡すことで、

① 男におごってもらわなきゃイヤって人

② デートのお金は共有してもいい人

が簡単に見分けられる上、次に活かせます。

とても簡単な「女の心理を探り、次に繋げる方法」ですね^^
本命は後に残すべし
女にモテるためにできること。

それらはテクニックなのです。

まず、一番出会いの時のテクニックから始めましょう。


例えば女の子と初めて出会う場での多くの男性の行動パターンはこうです。


① 近づきながら笑顔を見せる。

② 相手の目を見て自分の好みを選別する。

③ 話をする。

④ 自分の好みのタイプの女性とよく話す。


さて、どうでしょう。

もし、あなたがこの通りに動いていませんか?

ここで、簡単なテクニックを紹介します。

④の場面では、自分の好みのタイプは一番あとに話しましょう。

理由は、彼女に自分の情報を予め与えるためです。

真っ先に挨拶し、話をしてはくだけた話はできません。

違う女性も含めて話をしていくうちに、場が打ち解けてくるし、自分の性格も話さずともなんとなくつかんでもらえます。

これが簡単ですが重要なポイントになります。

真っ先に好みのタイプの女性ばかり話していては他の女性はしらけます。

他の女性がしらけたら場もしらけちゃいます。

基本は場を盛り上げつつ、女の心をつかむことですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。