女の心理を知ることでモテる男に変身しましょう。彼女を作りたいなら女の心理をしることは必須です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この人は特別と思わせるには
迎え3歩に見送り7歩という言葉があります。

お客様を迎えるときは3歩歩いて出迎え、

お客様が帰るときは7歩送りましょうってことです。


女性に対しても同じです。

迎えるとき、椅子から立ち上がって2、3歩近寄る。

送るときは7歩くらい一緒に歩いてさよならをする。

たったこれだけのことでも、「特別さ」をアピールできます。

「誠実さを行動にあらわす」

結構簡単でしょ^^
いい人がもてない男になる理由
いい人止まりって言われたことありませんか?

そういった人は大抵、いい人であろうとします。

ところが、女性の心理としては「いい人」よりも

「知的な悪さ」を持っている人の方がドキドキする傾向にあるようです。


やさしさや誠実さばかりをアピールして「いい人」であろうとすると、

いい人止まりの持てない男になってしまいます。


ですが、「悪くなれ」と言っているのではありません。

「いい人」のイメージは「真面目」です。

そのイメージを逆手に取りましょう。


真面目な人が時折見せる不真面目さ。

このギャップに女性は魅力を感じます。


いい人はその「良さ」を上手く使いましょう。
時間と約束の有効化
時間を守る男

約束を守る男

それらがキチンとしていれば社会で信頼されます。

こと女性に関しては信頼度がグッと上がります。


では具体的にどうするか?

ただ約束を守るだけではもったいないです。


時間と約束を守る男をもっとアピールするには

約束する時に

時間とか金額とかの「数字」をはっきり明示することが必要です。

そしてそれを絶対に守ること。


この具体性が女心を安心させるひとつの要因になります。

時間と約束と女の心理。

これも簡単なテクニックですね。
女を褒める時のちょっとしたテクニック
女の人は「褒め言葉」に弱い。

これは世の中の常識です。

ここではもう少し踏み込んで「褒めるテクニック」を教えます。

なぁに、簡単です。


褒める時に「だけ」という言葉を使うんです。

「あなただけは特別です」って感じに。

ただこれだけ。

いやホントです。

女の心理として、基本的に「いい女」でありたいと思います。

そしていい女の心理として目立ちたいって気持ちがあります。

考えてみたら当たり前ですね。

自分がいい女かどうかを比べるのは他の女です。

つまり、他の女よりも優れていることがいい女の証なのです。

そんな女性の心理をくすぐります。

「こんなに夢中になったのはあなただけです」


ただ、褒める女性が何に対して優越感をもつか、また劣等感をもつかを探ることは必要ですね^^
もてる男は会話でマヒさせる。
女心をマヒさせること。

それが出来たら女の心理を知っている証拠ですね。

ここでは、会話の中で女心をマヒさせる誘導方法を紹介しましょう。


会話の中で、少しふざけながらこう言ってみましょう。

「キスしちゃうよ」

すると女性は

「バカなこと言って」

という感じになりますね。

では、次の日も、またその次の日も

「キスするならほっぺただな」

「ほっぺたが嫌なら唇だな」

という様に繰り返します。


繰り返しているうちにだんだん感覚が麻痺してしまい、遂にはキスを許してしまうはずです。

これを悪用すれば女に貢がせることも可能になりますが、絶対しませんように!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。